住宅ローンの悩みを解決!住宅ローン相談なら住宅ローン相談.com

住宅ローンの悩みを解決!住宅ローン相談なら住宅ローン相談.com
住宅ローン相談.comは、公正中立の立場ですべての金融機関・公的機関を網羅し、最適な情報を掲載します。 住宅ローン相談受付中
住宅ローンの基礎知識

住宅ローンの金利の種類

 住宅ローンの金利には、固定金利と変動金利の2種類があります。それぞれのメリット、デメリットを比較し、市場の金利の状況を考え合わせ、ライフプランに合った金利を選択することが大切です。

・固定金利(全期間固定金利)
 返済の当初から完済までの全期間にわたり、金利が変わりません。借り入れ時に返済金額が決まるので、返済計画が立てやすくなります。低金利時に住宅ローンを組めば、金利が上昇した場合のリスクが抑えられます。反面、金利が下降した場合には負担が増加します。

・変動金利
 返済期間中、市場金利の連動にともなって金利が一定の法則で変動します。一般的に、半年に1回、金利が見直されますが、半年ごとに返済額が変わるのではなく、5年間は返済額が固定されます。5年経って、返済額を再計算する際、金利が上昇していれば返済額も上がります。ただし、上昇幅は25%までが限度となっています。低金利時には返済額も抑えられます。金利が上昇した場合には、増えた利息が元金に組み込まれ、返済期間・返済金額に影響します。

※固定金利選択型
 一定期間、金利を固定し、固定期間が終了する時点で、変動金利か固定金利かを選択します。固定期間や運用ルールは、金融機関やローンの種類によって異なります。固定期間の市場金利の動向に応じてメリットのある選択ができます。

[関連項目]
金利優遇キャンペーン

 住宅ローン相談のお申し込みはこちらからどうぞ