住宅ローンの悩みを解決!住宅ローン相談なら住宅ローン相談.com

住宅ローンの悩みを解決!住宅ローン相談なら住宅ローン相談.com
住宅ローン相談.comは、公正中立の立場ですべての金融機関・公的機関を網羅し、最適な情報を掲載します。 住宅ローン相談受付中
住宅ローンの基礎知識

住宅ローンの種類

 現在は、住宅金融公庫の廃止(2007年3月末)が決定していることもあり、民間金融機関の競争が激化しています。金利のタイプや水準にも多くのパターンがあり、住宅ローンの選択肢は多くなりました。
 多くの金融機関、多くの商品から選べることは、それだけ借りる人それぞれの計画に近い住宅ローンが存在するということでもあります。しかし、数が多すぎてかえって迷ってしまい、どの住宅ローンがいいのかわからなくなってしまう、という声も聞きます。
 自身の家計の状況、資金の計画、将来の生活設計を落ち着いて見直し、じっくりとプランを練って住宅ローンを選びましょう。

※実際の選択肢となる住宅ローン
●フラット35
 住宅金融公庫と民間金融機関の提携による長期固定金利の商品。金融機関が住宅ローン債権を公庫に売却し、公庫が証券化して投資家向けに発行する仕組みで運営されます。
 返済期間が最長35年で、長期固定金利、保証人、保証料や繰り上げ返済手数料が不要、などが主な特徴です。
●住宅金融公庫の公的融資(2007年3月末まで)
 比較的低金利で長期固定金利、適用金利が申し込み時点で決定します。
●財形住宅融資
 勤務先で財形資産形成をしている人に対する公的融資。5年ごとに適用金利を見直す5年固定金利制が特徴です。
●民間金融機関の住宅ローン
 公的融資よりも、物件に対する規制が比較的、少ないのが特徴で、その条件や機能はさまざまです。

 住宅ローンのそれぞれの特徴や条件を確認し、頭金の準備の状況や、返済期間は短期返済型と長期返済型のどちらが向いているかなどの自身のタイプを考え合わせて選ぶことが大切です。

 住宅ローン相談のお申し込みはこちらからどうぞ